納骨堂の選び方

納骨堂について知っておきたい情報まとめ

納骨堂の参拝は個室でできる?

納骨堂の参拝は個室でできる? 核家族化の進んでいる現代では、納骨堂の需要も高まっています。納骨堂では通常、室内に遺骨を納めるスペースが用意されています。
位牌を上段に置き、下の段に遺骨を置く形式など様々なタイプがありますが、遺骨を納める場所は、一般的に個室にはなっていません。
しかし最近の寺院や施設では、参拝用に静かな個室が用意されている場合があり、多くの人に喜ばれています。
個室なので、参拝時のプライバシーが保たれると好評です。お参りは一人でも家族と一緒でも差し支えなく、また従来のお墓のイメージとは違って、明るく清潔な雰囲気の場合が多いです。
首都圏にもこのようなタイプの納骨堂があり、タッチパネルを使った最新の参拝システムや、カードに反応して遺骨を納めた墓石が現れるタイプもあります。
その他、無料駐車場が完備されている施設もあって、お参りに大変便利です。さらに遺骨にお参りはせず、参拝用に設置されたご本尊にお参りする形式もあります。

納骨堂利用の服装のマナーについて

納骨堂利用の服装のマナーについて 家族や親族がなくなった際、葬儀を行った後に遺骨を埋葬する場所としては、一般的にはお墓が挙げられます。
しかし近年では、後継者不足などの問題から納骨堂を選ぶ人も増えてきています。
納骨堂とは、遺骨を納める場所をさし、墓石を建てることなく、ビルなどの建物に個人個人のスペースが設けられ、遺骨を安置します。
お盆に納骨堂でお参りをする方法としては、一般的なお墓参りの方法と、それほど違いはありません。
まずお参りの際に服装に決まりはなく、私服で行くことも問題はありません。
お供え物や花を持参したいと思う人もいるかもしれませんが、納骨堂によっては生花が禁止されていて、造花だけが認められている場合も多く見られます。
またろうそくや線香の持ち込みが禁止されているところや、火をつけることが禁止されているところもあります。これは場所によって対応が異なるため、事前に確認しておくようにしましょう。
また最低限のマナーとして、周囲への気配りが大切です。宗派の違う人がいる可能性も高いので、お参りの際にお経をあげるのであれば、周りに配慮するようにしましょう。