納骨堂の選び方

納骨堂について知っておきたい情報まとめ

納骨堂は宗教や宗派が違っても購入できる?

納骨堂は宗教や宗派が違っても購入できる? かつては、亡くなると菩提寺のお墓に入り宗派にしたがって供養するのが当たり前でした。
しかし、近年ではお墓ではなく納骨堂を選ぶ人が増えています。
納骨堂はお遺骨を一定期間納めることのできる屋内施設で、期間後は合同墓に合祀されることが一般的です。
納骨堂はお寺の中にあるものもあれば、民営や公営のものもあります。
購入する場合、宗教や宗派はどの程度問われるのでしょうか。
納骨堂の購入条件は、運営主体によって異なります。
公営は、基本的に宗教や宗派は問われません。
費用は安いですが、その地域に住んでいるなどの利用条件があり、遺骨の所蔵年数が決まっていることが多く、デザインなども選べません。
民営も、宗教や宗派は問われず、誰でも購入できます。
納骨年数やお堂の大きさ、デザインなどを選ぶことができ、良い立地にあることが多いです。
寺院運営の場合は、そのお寺内にあります。
檀家のみ購入できるところと、檀家になる必要がないところがあります。
檀家にならないでいいところは、在来仏教であれば宗旨宗派を問わないところがほとんどです。
ただし、供養はその寺院の宗派の様式に則って行います。

無宗派でも利用できる納骨堂の特徴

無宗派でも利用できる納骨堂の特徴 納骨堂は、永代供養と同じように個別のお墓が必要ないのが特徴で、無宗派でも利用できることが多いです。
その分、永代供養とは異なって供養を代行してもらうことはできません。
また、永代供養の場合は一度費用を支払えば追加で管理費用を支払う必要がないことが多いですが、納骨堂の場合は契約期間内は管理費用がかかり、その期間が終了すれば更新をする必要があります。
ただ、納骨費や管理費自体は安いことが多いため、永代供養を利用したり永代使用料を支払ってお墓を購入するのに比べてコストは抑えられます。
また、承継者がいなくなった場合には永代供養に切り替えることもできます。
デメリットとしては、納骨することができる人数に制限があることから、追加で納骨をしたい場合には別途費用が掛かることです。
これについても、お墓を購入するのに比べれば安く済むので、そこまで大きなデメリットであるとは言えません。
屋内にあるため、雨の日なども快適にお参りすることができます。